カテゴリー
未分類

すごく経済音痴の人の為に国債利回りを簡単に説明

経済ニュースや金融ニュースをみていると
国債利回りという言葉が出てきますが
これがどういう意味か分かりますか?
私は社会人一年目くらいでは
全く分かりませんでした。

国が資金を調達する方法は
何種類かあるのですが、
代表的なものの一つが税収で、
もう一つが国債発行です。

国債による資金調達は
国債を発行してそれを買ってもらいます。
相手は国でも個人でも構いません。

次に、ある一定期間が経過したら
その国債を国が買い戻します。
ただ、その時に利率が設定されており
多少高く買い戻します。
この利回りが国債利回りです。

個人が借金をするときに
信用が無いと利率が高くなってしまうように、
信用の無い国では利率が高くなります。
最近はスペインやイタリアの金利上昇が
問題になっています。

特にスペインは7%を超えたら
危険水域と言われていたんですが
あっさり7%を超えてしまいましたからね。

日本は国債も超低金利ですから
確実に大丈夫とは言えませんが
破たんのリスクはぐっと低いと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください