はじめて資産運用

はじめて資産運用をする人の為の株式投資、株主優待の入門、初心者向けサイト。証券会社の比較やランキングも

そうだったのか!中古住宅市場がこれから活性化する一番大きな理由

   

日経ビジネスにこんな記事がありました。
中古住宅市場がこれからきそうだなー
と思わせる記事でした。
(当サイトは不動産会社からマージンは頂いてません、念のため)

これから変わる中古住宅の流通市場

国土交通省不動産業政策調整官の小林正典氏の記事らしいですが、
非常にわかりやすい記事でした。

まず、
日本の中古住宅流通の割合は13.5%、
対して欧米は7〜9割である。

それは、日本の住宅の寿命が
約30年と極めて短いため。

また、新築を好む国民性
中古不動産市場の不透明性や、
中古住宅の性能・品質の分かりにくさ
等が理由だそうです。

これはその通り!と思いましたね。

これを打破するために
不動産流通市場活性化フォーラムが組織され、
今年の6月に提言を行ったようです。

それによれば、
中古住宅の情報、
流通システム、そして法律や環境の整備が
必要だということ。

なにより、国(国土交通省)がそのつもりなら
確実に環境派そのように変わっていきます。
中古住宅市場の流通規模を
今の倍の20兆円にするそうですから、
これからが楽しみですね。

中古不動産を扱っている会社の
株をチェックしようと思います。

 - 未分類 , , , , ,