カテゴリー
未分類

中国のシャドーバンキングが活発化しているとの情報、本来の銀行ではできない融資も

シャドーバンキングとは、
個人間の融資のことで、
その中でも近年急増している、
ネット上での仲介を指す。

目に見える銀行などを介さない為
シャドーバンキングと呼ばれている。

それが、中国で活発化しているというのだ、
一体どうしたというのだろう。

原因を調べていたら、こんな記事があった
中国のシャドーバンキング、ネットで活発化—米メディア

2012年7月25日、環球時報によると、米ブルームバーグニュースは24日、「中国のシャドーバンキングがインターネットを通じて活発化している」とし、個人間での融資を仲介するサイトが急増していると伝えた。

確かに活発化しているみたいだ。
その原因を、
専門家が次のように
指摘している

「正規の形式ではないとはいえ
中国の金融システムの
不可欠な要素になっている」とし、
シャドーバンキングは
銀行では対応できないところを
カバーしていると指摘。

しかし言ってしまえば、
闇金のようなもので
中国当局はこれを規制しようと
必死になっている。

最低投資額は50元(約600円)で、
利息は最高で23%。
どうやら中国の投機熱
(特に不動産)の行き場が
こちらに向かっているようにも思う。

素人が手を出して
痛い目を見なければいいのだが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください