カテゴリー
未分類

為替デリバティブで中小企業倒産が増加って、為替デリバティブとはなんなのか?

為替デリバティブで
中小企業の倒産が増加してるって
ニュースになってましたね。

為替デリバティブってなんなの?
そんな、倒産を増やすようなものなの?
と不思議に思いませんか。

これって本来は
中小企業の安全のための商品なんです。

日本が
ドル円で100円くらいの時に
(当時はそれでも円高と言われていました)
これからは円安になる。
円安になったら補償する。
として為替デリバティブという商品が
多数売られました。
あのときは、リーマンショックでしたかね。

で、この商品、
円安には補償がありますが、
円高の場合、損失が発生する商品だったんですね。
と言っても、ある程度の安全ラインは設けてあって
少しの円高で直ちに損失が
発生するわけではありません。

ドル円が、80円を突破すると
かなりの損失がでると聞いています。

最近の超円高で
中小企業が次々と損失を出して
父さんに追い込まれているようです。

為替デリバティブで中小企業倒産が増加

欧州債務危機の深刻化にともない再び円高基調が強まるなか、「為替デリバティブ」と呼ばれる金融派生商品により多額の負債を抱えて経営難に陥る中小企業が続出している。ドルに加え、ユーロや英ポンドに対する円高で損失が膨らむケースが増加。同商品による損失で倒産した企業の数も、前年度を上回るペースとなっている。

どうやらドルだけでなく、
ユーロやポンドで契約してた
企業もあるようです。

怖いですねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください