カテゴリー
未分類

9月のQE3は無くなったのか・・・ってそんなわけない

9月にQE3が行われるんじゃないかー
という予想があり、
自分もそう思っていたんだけど、
どうやらその観測は低下したらしいよ。

確かに、アメリカの8月の経済指標は
一定の強さを持っていたので、
このまま経済が回復するならば
QE3を実施する必要はないかもしれない。

ただ、QE3が消えたわけじゃない。
可能性がだいぶ減っただけで
QE3をやらない、という確証は取れない。

ゴールドマン:9月にQE3発表の可能性低下-経済指標に強さ

8月15日(ブルームバーグ):米経済データが強さを増したことで来月の米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に量的緩和第3弾(QE3)が発表される可能性は低下した。ゴールドマン・サックス・グループが指摘した。ゴールドマンのチーフエコノミスト、ジャン・ハッチウス氏は14日付の顧客向けリポートで7月の小売売上高が予想を上回る伸びだったことに言及し、9月12−13日のFOMCで「QE3に動くとは予想していない」と述べ、経済成長は加速した公算が大きいとの見方を示した。

米各誌なんて、先週までは一斉に
9月のQE3!と書きたててたんだから
このジャン・ハッチウスの言うことを
鵜呑みにはできないし、
経済政策は米国一国の経済指標だけで
打ったり引っ込めたりするもんでもない。

※QE2が中東に巻き起こした混乱を考えれば

色々と文句を書いたけど、市場として
QE3が消える方向に相当反応しており、
ドルが強くなってきているので、
その流れには従ったほうがいい。

ただ、急きょ実施するとなったときの
揺り返しには常に注意が必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください