カテゴリー
LIBOR問題

遂にLIBOR問題で金融庁が動いた!大手銀行に報告命令!

LIBOR問題で
遂に金融庁が
重い腰を上げました。

一連の国内の金融事件を受けて
早めに動いておかないと
また批判を浴びると
判断したのでしょう。

LIBOR問題で金融庁 大手行に報告命令

ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作問題で、金融庁が、三菱東京UFJ銀行など大手銀行に対し、銀行法に基づく内部管理態勢の点検を命じていたことが22日、明らかになった。国内における法人向け貸出金利の指標となる東京銀行間取引金利(TIBOR)の算出に関係する銀行も点検の対象となる。各行は、外部から金利を操作するよう働きかけがあった場合の不正を防ぐための監視体制の有無や、個々の行員の対処マニュアルの整備状況を点検し、結果を金融庁に報告する。

ただ、惜しいことに
今回の報告は「マニュアルの有無」
なんですよねー。

マニュアルが遵守されているかどうかは
この調査で分からないのではないかなー
と思います。

まあ、ちゃんと動いたよ
というアピールにはなると思いますが。

カテゴリー
LIBOR問題 未分類

LIBOR問題、ついに三菱東京UFJ銀行に波及

LIBOR問題で気になる記事が出ていました。
なんでも、
ついに三菱東京UFJ銀行に
問題が飛び火したぞ、というものです。

LIBORめぐる不正操作問題
三菱東京UFJ銀行でも火の手

英金融サービス機構(FSA)の
執拗な調査により、
ついに金利操作を組織的に行っていたことをにおわす
通話記録が出てしまったようです。

「今日はどのくらいでLIBORを提示するのか」

「これまでと同じ65だ」

「大きな取引がある。少し下げられないか」

「ああ、わかった」

ロンドン市内に本社を置く金融ブローカーの社員と、
三菱UFJで円建て取引の金利を申告していた
外国人行員の通話内容だそうです。

これは、経営陣の責任問題に
発展しそうですね。

カテゴリー
LIBOR問題 マネー

LIBOR問題とはなんなのか軽くまとめてみる

こないだ知り合いと、
LIBOR問題って何なのか知ってる?
って話題になった。

やっぱり金融に興味のある人は
LIBOR問題にも関心があるけど
海外で主に取り上げられてるから、
そもそもLIBOR問題が何なのかとか、
どんな影響が出るのか、
ってのがわかりづらいって結論に。

LIBOR問題ってのは、
LIBOR(ライボー)ってのがそもそも金利のことで、
これが世界中の大手銀行の申告によって決まるんだね
(たしか平均値かな?)
世界中でそのLIBORを基準とした取引が行われてた。

例えば、
「LIBORと比べて低いから今日の取引は止めよう」
といった具合に。

でも銀行の自己申告だから、
世界中の銀行が、
実態の金利とかけ離れた金利で申告すれば
不正に操作できちゃう。

これがLIBOR問題。

現在は、
LIBORを不正に操作していた主犯格の特定と、
その賠償額の算出が行われている、というわけ。
(LIBORを元に取引して損失が出れば
 不正捜査側に損害賠償の義務がある)

いまんとこバークレイズ銀行が
主犯格としてかなりの制裁と調査を受けてるけど、
邦銀でも三菱UFJと、農林中央金庫に
疑惑の目が向けられている。

で、LIBOR問題がどんな影響を残すかだけど
各行の損害賠償と、LIBORの制度改革で終わり。
という線が一番濃厚。

のはずなんだけど、
LIBOR問題を取り上げているサイトの多くが
普段から陰謀論を取り上げているサイトで
解体!という結論に持っていきたいみたい。

いわく、銀行解体!とか
果てはFRB解体!とかw

そんなわきゃない。
勿論、楽観視はできないけど。
解体したデメリットの方が大きいんだから
解体するわけないよ。

東電が倒産しないのを目の当たりにしてるのに、
悪いことをした企業には
杓子定規に罰が下るとまだ信じているんだね。

カテゴリー
LIBOR問題 未分類

日経の速報で見たがLIBOR問題はやっぱりじわじわ影響が出るよう

やはりLIBOR問題の影響が
本格的に出るのは
これからみたいだ。

LIBOR問題、下期に影響拡大は必至

この1カ月余りで英大手銀行に相次いだ不祥事の影響は、今後も拡大が避けられない。LIBOR不正操作はドイツ銀行やUBSも関与が疑われており、実際に処分が科されると下半期以降に課徴金などの負担が生じるからだ。堅実経営で知られた英スタンダード・チャータードにも新たな疑惑が噴出し、金融界の信頼は深く傷ついた。

スタンダード・チャータードの問題とは、
19兆円の巨額マネーロンダリングが発覚した問題ですね。
UBSとはスイスのメガバンクの合併でできた超大手銀行です。
UBS AGと書いてほしかったですが。
今回のLIBOR問題で、24人を解雇したそうです。

基準金利の不正操作はHSBC、仏ソシエテ・ジェネラルやクレディ・アグリコルがバークレイズと共謀したとされる。RBS首脳は数週間以内に当局の処分を受ける可能性を明かした。米銀もシティグループやJPモルガン・チェースが調査対象だと伝わる。

世界中の大手銀行の名前が続々と上がっています。
とくにバークレイズは主犯格の扱いを受けてますね。
まさに金融市場を揺るがしかねない大ニュースなわけです。
(何故か日本での扱いは未だに小さいですが)

日本側の対応が気になるところですが、
日本でも三菱東京UFJ銀行と農林中央金庫が
捜査対象となっています。

このニュースくらいじゃ
平和ボケした日本人は
預金の取り崩しなんてしないですから
じゃんじゃん報道したほうがいいと思いますけどね。

経営者だったら
取引先からこの2行を外すかもしれないので
報道してほしくないのかもしれません。
でも経営者はLIBOR問題くらい
報道しなくても認識してるはずですが。

カテゴリー
LIBOR問題 未分類

イギリスの大手銀行がLIBOR問題で、行員4人を解雇したとのこと

イギリスの大手銀行である、
ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドが
LIBOR問題で、行員4人を解雇したとのこと

LIBOR問題の影響がじわじわ出ていますね。
私の印象では
国際金融市場、とくに
現物株にはこの問題が
全然反映されてない気がしています。

まだ、これから下げが来ると、
そう思っています。

英大手銀が行員解雇 LIBORの不正操作問題で

英大手銀行ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)は3日、
短期金利の国際的指標、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作問題に絡み、
行員を解雇していたことを明らかにした。
ロイター通信によると、解雇されたのは元シンガポール駐在のディーラーら計4人。

このロイヤル・バンク・オブ・スコットランドも、
金融監督当局の調査を受けており、
恐らく課徴金が課されるということです。

ちなみに既に課徴金をかされたバークレイズ銀行では
その額は約360億円で
ボブ・ダイヤモンド前最高経営責任者(CEO)が
引責辞任しました。

日本にも、これから影響が出るんですかね。

カテゴリー
LIBOR問題 未分類

三菱東京UFJ訴訟(LIBOR問題)で国家破たんまで語っちゃいますか

LIBOR問題で、
三菱東京UFJ銀行と
農林中央金庫が
被告集団(訴訟を受ける側)
に含まれているのは
皆さんご存知の通りですが
このことを必要以上に不安視して
恐怖をあおっている人が
居るみたいですねー。

【速報】LIBOR問題で三菱東京UFJと農林中金が破綻危機へ!
アメリカ地銀が21金融機関提訴、損害賠償額は10兆円規模か!

当然UFJで終わるはずがなく、三井住友やみずほなど日本の10数行へ影響は及ぶはず。

三井住友やみずほは捜査の対象でしたが
今回の訴訟の対象には含まれてないですよね。

それに、LIBORの報告対象銀行は
日本では三大メガバンクだけですが
なんで10数行へ影響は及ぶはずなんでしょう。

TIBOR問題と混同してます?
そんなわけはないか。
過去ログ見てもそれなりに
詳しい人が運営しているようですし。

強いて言えば、デフォルト・恐慌対策シリーズ
なんて広告がサイドバーにある時点で
日本の破たんを必要以上に怖がっているか、
むしろ望んでいるサイト様なのだと思います。

カテゴリー
LIBOR問題 マネー

LIBORの金利不正捜査問題、三菱東京UFJ銀行と農林中央金庫が被告16行に含まれてしまった

LIBOR=ロンドン銀行間取引金利とは
世界中の銀行が自己申告した金利を
平均化したもので、
様々な取引(主に融資)の金利の
基準として使われる指標です。

つまり、各銀行が金利を実態より安く(または高く)
申告することで、操作が可能なんですが
当然不正行為ですので、訴えられたというわけです。

その被告集団に、
邦銀の三菱東京UFJ銀行と農林中央金庫が含まれているとか。

金利不正操作でNY地銀が提訴=邦銀含む16行相手取り

国際的な短期金利指標のロンドン銀行間取引金利(LIBOR)をめぐる不正操作問題で、ニューヨーク州の地銀が、三菱東京UFJ銀行と農林中央金庫の邦銀2行を含む日米欧の金融機関16行を相手取り、ニューヨーク市の連邦地裁に損害賠償を求めて提訴していることが30日、分かった。

ちなみに原告(訴えた人)は
バークシャー銀行ですが、
他の銀行などと原告集団を結成し、
集団訴訟に発展する可能性大です。

この2行は、
ツイッターでもボロクソに言われてましたね。

口座があるのでちょっと心配です。

カテゴリー
LIBOR問題 未分類

LIBOR不正問題ってので米欧当局が動いている、でもLIBOR不正問題って何だ?まとめ

Yahooのニュースを見てたら、
こんなLIBOR不正操作問題ってのがやってて
結構重要そうな事件なのに
知らなかったので調べてみた

LIBOR不正操作問題、米欧当局が銀行のトレーダーを刑事訴追へ

ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)不正操作問題で、
米欧当局が銀行のトレーダーを刑事訴追する方向であることが、
関係筋の話で明らかになった。

LIBOR不正操作問題について、
ロイターは、バークレイズ<BARC.L>、
UBS<UBSN.VX>、シティグループ<C.N>などの
大手銀行の社員および
元社員12人以上が
調査対象になっていると伝えている。

HSBCホールディングス<HSBA.L>や
ドイツ銀行<DBKGn.DE>の社員も
調査対象とされている。
HSBCはコメントを差し控えた。
シティグループとUBSのコメントは得られていない。

今回の問題で、銀行は地方自治体や
企業などから相次ぎ訴訟を起こされている。
モルガン・スタンレーは最近、
2014年末までに発生する当局および
裁判の和解費用が140億ドルとの試算を示した。

ニュースを読むと、
銀行側が金利を不正に操作していたってこと?
それなら本当に大問題です。

こちらの日経ビジネスの記事では
LIBOR不正操作、発覚は例外?

不正操作が発覚したのは英大手銀行のバークレイズだ。
6月27日、金融監督機関の英金融サービス機構(FSA)などが
約360億円もの課徴金を科したと発表。
マーカス・エイジアス会長と
ボブ・ダイヤモンドCEO(最高経営責任者)が
辞任表明に追い込まれた。

と、国際金融市場では
確かに大騒ぎになっているようです。

一個一個分からない点を
整理しましょう。

LIBOR(ライボー)とは?
→ロンドン銀行間取引金利

英国銀行協会がロンドンの大手銀行の金利を
集計して発表している指標。
資金調達のコストをLIBORと比較して
割安とか割高とか判断するのに使う。

これが実態より低く操作されていたという
疑惑があるようです
これは信用力を高く見せる為です。

ちなみに日本円のバージョンは
TIBOR(タイボー:東京銀行間取引金利)
というらしいです。

こちらの場合は、
貸出金利を少しでも高くするため、
高めに操作されていた疑惑があるようです。