カテゴリー
LIBOR問題 マネー

LIBORの金利不正捜査問題、三菱東京UFJ銀行と農林中央金庫が被告16行に含まれてしまった

LIBOR=ロンドン銀行間取引金利とは
世界中の銀行が自己申告した金利を
平均化したもので、
様々な取引(主に融資)の金利の
基準として使われる指標です。

つまり、各銀行が金利を実態より安く(または高く)
申告することで、操作が可能なんですが
当然不正行為ですので、訴えられたというわけです。

その被告集団に、
邦銀の三菱東京UFJ銀行と農林中央金庫が含まれているとか。

金利不正操作でNY地銀が提訴=邦銀含む16行相手取り

国際的な短期金利指標のロンドン銀行間取引金利(LIBOR)をめぐる不正操作問題で、ニューヨーク州の地銀が、三菱東京UFJ銀行と農林中央金庫の邦銀2行を含む日米欧の金融機関16行を相手取り、ニューヨーク市の連邦地裁に損害賠償を求めて提訴していることが30日、分かった。

ちなみに原告(訴えた人)は
バークシャー銀行ですが、
他の銀行などと原告集団を結成し、
集団訴訟に発展する可能性大です。

この2行は、
ツイッターでもボロクソに言われてましたね。

口座があるのでちょっと心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください