カテゴリー
LIBOR問題 未分類

イギリスの大手銀行がLIBOR問題で、行員4人を解雇したとのこと

イギリスの大手銀行である、
ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドが
LIBOR問題で、行員4人を解雇したとのこと

LIBOR問題の影響がじわじわ出ていますね。
私の印象では
国際金融市場、とくに
現物株にはこの問題が
全然反映されてない気がしています。

まだ、これから下げが来ると、
そう思っています。

英大手銀が行員解雇 LIBORの不正操作問題で

英大手銀行ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)は3日、
短期金利の国際的指標、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作問題に絡み、
行員を解雇していたことを明らかにした。
ロイター通信によると、解雇されたのは元シンガポール駐在のディーラーら計4人。

このロイヤル・バンク・オブ・スコットランドも、
金融監督当局の調査を受けており、
恐らく課徴金が課されるということです。

ちなみに既に課徴金をかされたバークレイズ銀行では
その額は約360億円で
ボブ・ダイヤモンド前最高経営責任者(CEO)が
引責辞任しました。

日本にも、これから影響が出るんですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください