カテゴリー
未分類

小金もちってどのくらいのお金を持っていればいいのか

小金もちの定義って気になりますけど
いったいどのくらいお金を思っていればいいんですかね。

結論から言っちゃえば、
5000万円以上、1億円未満だと思います。

野村総合研究所の
所得による生活層の分類では
「超富裕層(個人の純金融資産5億円以上)」
「富裕層(同・1億円以上、5億円未満)」
「準富裕層(同・5,000万円以上、1億円未満)」
「アッパーマス層(同・3,000万円以上、5,000万円未満)」
「マス層(同・3,000万円未満)」に分類されてます。

アッパーマス層ってのはその名の通り
マス層よりは多いけど・・
っていうイメージですね。

それでいくと、小金もち=準富裕層の
(5,000万円以上、1億円未満)ってのが
ぴったりだと思いますよ。

でも、自分はこの定義は
ちょっと厳しいと思っています。

OLやサラリーマンが
小金もちと言った場合は
やはり2000万円くらいだと思います。

そのくらいあれば
マンションもローンを払いきれますし、
投資に回せばそこそこリターンもあります。

今の時代で5000万円以上って
本当に限られた人になってしまいますよね。

中小企業だと
総資産額5000万円以上の人が
会社に一人もいない場合も
あるのではないでしょうか。

それは夢の無い話なので
やはり2000万円以上は小金もち
と言ってしまっていいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください