カテゴリー
未分類

為替相場で行われる口先介入って?初心者にもわかりやすく説明

為替相場というのは
国同士の通貨のやり取りの
相場のことです。

普段我々が海外旅行などに行くときに
円を使ってドルを買ったりしていますが、
あれと同じです。

個人でなくて企業でも、
国際的な企業になると
当然ドルを調達したり、逆に円を調達したり
と言ったことを行います。
そのほかにFXのトレーダーもいます。

それらすべてがあわさって
相場が決定するのですね。

ただし、為替相場が一方向に動くというのは
その国にとってあまり良いことではありません。

なぜなら、企業が納品してから
決済まではどうしてもタイムラグがあるために
その間にレートが一方的に動くと
例えば材料費に50万円かかったものが
40万円でしか売れず、
きちんとしたものを作って売っただけでも
10万円まるまる赤字になったりするからです。
(極端な例ですが)

ですから、それを防ぐために
国が為替相場に介入することがあります。

国は通貨発行権を持っていますので、
それをつかって円を発行すれば
また、アメリカの国債を買うなどすれば
(円をドルに交換)
その分円が安くなります。
これが加入です。

一方、口先介入とは
その国の経済の決定権をもつ人物などが
「通貨が高すぎる」「安すぎる」と発言し
介入をにおわすことで
介入と同じ効果をもたらすものです。

例えば
円高ユーロ安で「状況を注視」と安住財務相

ただ、これはオオカミ少年と一緒で
何度も使えば効果は薄くなりますし、
嫌われます。

最近、ちょっとやりすぎかと思いますね。

また、あまりにも円高のときは
口先介入などせずに
とっとと実際の介入をしないと
手遅れになることもあります。

そろそろ介入するべきだと思うのですが。

カテゴリー
未分類

すごく経済音痴の人の為に国債利回りを簡単に説明

経済ニュースや金融ニュースをみていると
国債利回りという言葉が出てきますが
これがどういう意味か分かりますか?
私は社会人一年目くらいでは
全く分かりませんでした。

国が資金を調達する方法は
何種類かあるのですが、
代表的なものの一つが税収で、
もう一つが国債発行です。

国債による資金調達は
国債を発行してそれを買ってもらいます。
相手は国でも個人でも構いません。

次に、ある一定期間が経過したら
その国債を国が買い戻します。
ただ、その時に利率が設定されており
多少高く買い戻します。
この利回りが国債利回りです。

個人が借金をするときに
信用が無いと利率が高くなってしまうように、
信用の無い国では利率が高くなります。
最近はスペインやイタリアの金利上昇が
問題になっています。

特にスペインは7%を超えたら
危険水域と言われていたんですが
あっさり7%を超えてしまいましたからね。

日本は国債も超低金利ですから
確実に大丈夫とは言えませんが
破たんのリスクはぐっと低いと言えます。

カテゴリー
未分類

エコアニはじめました

皆さんこんにちは。

管理人です

今日からエコアニというサイトをはじめます。

どうぞ宜しくお願いいたします。

カテゴリー
未分類

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !