カテゴリー
株式市場、株式投資

シャープ終了、最終赤字予測を300億円→2500億円に大幅修正

シャープがさっぱりです
今日の株価はかろうじて
前日終値を上回りましたが、
明日はボロボロでしょう。

せめて、金曜日の発表にしていれば・・

シャープ、13年3月期予想で最終赤字2500億円に拡大 5000人削減へ

シャープが2日発表した今4−6月期の連結決算は、最終損益が1384億円の赤字となった。これを受けてシャープはリストラを本格化することとし、人員削減については今年度中に希望退職者の募集などで、国内外のグループ従業員約5000人を削減する。4−6月期決算は売上高が前年同期比28.4%減の4586億円にとどまり、営業損益は941億円の赤字に転落した。経常損益も1038億円の赤字となった。この決算を受けて、2013年3月期の通期連結業績予想を下方修正した。最終赤字額を従来予想の300億円から2500億円
へと大幅に積み増した。

この理由についてシャープでは
やはりテレビのせいだと言っていました。

なんでも、国内どころか中国でも
テレビの需要が予想外に減少しており、
工場の採算悪化が著しいとのこと。

また、完成品や電子部品が
低価格化してしまったため、
原価に対して割安の定価を設定させられ、
利益率を圧迫したようです。