カテゴリー
未分類

また決断力が無かったために・・片倉工業を逃す

かぶ1000さんも、
石川りんたろうさんも目をつけていて
不動産資産の額から言って
安値圏で放置されていた片倉工業を
いつか買おういつか買おうと考えて
すっかり逃げられてしまいました。

NECキャピタルソリューションズは安く変えましたが
全然嬉しくありません。

せめて富士フイルムの買い増しにとっておいた資金を入れておけば・・・

自分は優待投資家なので、
優待の付かない株に手を出すのは
どうしても臆病になってしまいます。

もちろん、得意なフィールドで戦ったほうが
勝率はよくなるでしょうが
現在の市場環境は明らかにアベノミクスに沿ったテーマで
戦わなければいけません。

今度の休日は片倉工業の加須工場にでも行って
自分の失敗を目に焼き付けてこようかと思います。

遅れて小型の優待株にも資金が入ってくるかもしれませんが
そんなことを期待して勝負してちゃダメなんですよね・・

カテゴリー
未分類

優待投資家は大手企業の銘柄に詳しくなくていいのか?←絶対ダメ!

優待投資をしていると
しょっちゅう小型〜中型株の株価を
見ていることになります。

では、他の大型株の動向に
目を光らせなくていいのかというと
絶対ダメです。

特に最近のような、
株価が上昇基調にあり
なんでもいいからテーマを求めているようなときは
資金の流れは
まず大型株→次に割安な小型株
となります。

その為、
大型株に資金が入ったから
関連銘柄で割安なここに資金が行きそうだぞ
と想像力を働かせることが
投資家として実力をつけるうえで重要になります。

日経225を全部覚えてチェックするのは大変なので
自動車だったらトヨタとか、
金融なら野村ホールディングスとメガバンクとか
有名な銘柄を一覧で見られるようにしておくと便利です。

株価が跳ね上がったり、急落したときは
そのセクタに発生した材料やテーマを
チェックする癖をつけましょう。

ちなみにこちらは
2012年10月31日現在のTOPIXのコア銘柄30です。

2914 日本たばこ産業
3382 セブン&アイ・ホールディングス
4063 信越化学工業
4452 花王
4502 武田薬品工業
4503 アステラス製薬
5401 新日鐵住金
6301 小松製作所
6501 日立製作所
6502 東芝
6752 パナソニック
6758 ソニー
6954 ファナック
7201 日産自動車
7203 トヨタ自動車
7267 本田技研工業
7751 キヤノン
8031 三井物産
8058 三菱商事
8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ
8316 三井住友フィナンシャルグループ
8411 みずほフィナンシャルグループ
8604 野村ホールディングス
8766 東京海上ホールディングス
8802 三菱地所
9020 東日本旅客鉄道
9432 日本電信電話
9433 KDDI
9437 NTTドコモ
9984 ソフトバンク

こうしてみるとコア銘柄にふさわしい大手企業が入っている反面
小売りなどあまり反映されていないセクタがあるのがわかるでしょう。

よって、自分でインデックス銘柄のPFを作成し
管理することをお勧めします。

カテゴリー
株主優待

株主優待目当ての投資で参考にしている投資家、みきまるさん

私が優待目当てで投資を行う際に
参考にさせて頂いているのが、
こちらの「みきまるの優待バリュー株日誌」
に登場する投資家、みきまるさんです。

http://plaza.rakuten.co.jp/mikimaru71/

確か、この方を知ったのは
ZAiか何かのマネー雑誌でしたね。

売買のタイミングや、
優待投資を行うときの注意点、
優待株同士を比較するときに
何を気にするべきか、
どのようなタイミングで撤退するのか。

色々と参考にさせて頂いています。

私としては金券系の優待がやはり好きなのですが
みきまるさんは食品系にも手を出しているので
知らない優待を発見できることもあり、
定期的にブログを拝見しています。

これがキャピタルゲイン狙いとなると、
かぶ1000投資日記を参考にしていますね。