カテゴリー
未分類

日経平均は終わってみたら4日続伸、でも内需株はボロボロ

今日の出来高は17億6129万株、
売買代金は1兆0495億円。
終わってみれば4日続伸。

でも株主優待目当てで持ってた
小型内需株はボロボロ。

電気機器などの
最近不調だった銘柄に
買いが入ったようです。

4日続伸=欧州問題改善を期待

日経平均株価は前日比59円62銭高の8695円06銭、東証株価指数(TOPIX)も同4.57ポイント高の736.31と、ともに4営業日続伸。米株安を受けて売りが先行したが、一巡後は欧州債務危機に向けた政策対応が進むとの期待感などを背景に買いが入り、じり高となった。

欧州危機への
危機感が和らいでいる印象を受けます。

出来高も、売買代金も
増えてきています。

そんななか、住友鋼管の
この発表はいただけませんでしたね
【決算】住友鋼管、4-6月期は経常3.7%減益に

鉄鋼は製造業の礎です。
ここが崩れるのは、
製造業が不調だからです。

以前は国内産業に目を向けていればよかったのですが
最近は中国の景気減速の影響も
受けてしまうようになりましたね
。(これは良し悪しありますが)

私も株主優待目当てで持っていました。
利益確定するか悩みどころです。

カテゴリー
未分類

今日の日経平均は8600円を挟んだ動きになっている、重要発表を控えて方向感定まらず

今日も、重要発表を控えて
頼りない動きになると思っていましたが、
どうやら朝の段階では8600円の下から
上値を試す展開だったようです。

でも現時点では8600円を
順調に突破していますね。

指標の発表が控えているとはいえ、
一番の懸案だった、欧州問題が
徐々に目途が立ち始めたということでしょう。

こちらは朝9時半時点の記事
日経平均は8600円の攻防、米株安を背景に売り先行=31日寄り付き

31日の日経平均株価は前日比34円52銭安の8600円92銭で寄り付いたあと、マイナス圏でもみ合い商状。米国株の上昇が一服したため、東京市場も利益確定売りが先行した。ただ、個別株物色が中心で方向感は定まっておらず、8600円の攻防となっている。全体的にはECB(欧州中央銀行)理事会などの重要イベントを控えて積極性が乏しい。

そこから見極めムードだったんですが、
先物手動で大口の買いが入り、
8035東京エレク株なども買い戻されましたね。

自分が推奨する
デフェンシブ銘柄である内需株は
後半は利確の売りに押され気味でした。

このまま午後はどうなるでしょうかねー。