カテゴリー
未分類

Google Adsenseで使われる用語を解説

Google Adsense を初めて見たときに
なんか使いづらいなあ、と感じました。
今では全くそんなことがありませんが。

どうしてあの時は使いづらかったのか
考えてみると、
恐らくコントロールパネルに
全く意味の分からない用語が
並んでいたからだと思います。

そこで、今日はAdsenseの用語を
簡単に解説します

公式でも用語集が出ています。
Google Adsenseの用語集

ぱっと目につくのは
見積もり収益。
ここには、
今日の収益
昨日の収益
先月の確定収益
今月の累計収益
が表示されます。

次に「サービス」の欄ですが
Google Adsenseには
広告の種類が複数あります。

通常であれば、
コンテンツ向けAdsenseが出ているのが一般的です。

「ページビュー」は広告が表示された回数。
1つのページに広告が複数あって
同時にそれらが表示されても合算され
1ページビューとしてカウントされます。

「クリック数」はその中でクリックされた回数

「CTR」はいきなり難しくなりますが、
要はクリック率です

「CPC」は、クリック単価

「RPM」が
1000人集客した際に
いくらの収益があがっているかです。

簡単でしょう?

規模の小さいサイトはCTRやCPCに一喜一憂し、
大きくなるとRPMに注目するようになります。

基本的にはAdsenseで稼ぐためには
ページビュー、CTR、CPCを高めるために
工夫を凝らす必要があります。

ただ、ご存知の通りAdsenseは
クリックを促すような文言はNGです。
また、上記の数字を公開することも
厳密にはNGです。

詳しくはGoogle Adsenseのポリシーのページを
熟読しましょう。