カテゴリー
未分類

シャープがすごいことになってますね、第1Qの時点で1000億円の赤字とか

シャープがとんでもない業績予想の修正を発表しました。
なんと、
2012年4−6月期(第1四半期)の連結決算だけで、
既に1千億円の赤字だとか。

追加のリストラも検討してる

シャープ、4−6月期は1千億円規模の最終赤字に
追加リストラ検討

シャープの2012年4−6月期(第1四半期)連結決算が、
1千億円規模の最終赤字になる見通しであることが24日分かった。
同社では追加リストラを検討する。

通期決算の最終利益300億円という目標も
下方修正する可能性が出てきた。

2012年3月期の通期決算では、
過去最大となる3760億円の最終赤字を計上している。

グループの国内外の従業員は約6万4千人。
人員削減は、本社や各工場などから
早期退職を募る方向で検討しており、
削減人数は数千人規模になるとみられる。

すごいですね。
テレビ事業が、
まさかこれほどの赤字事業になるとは。
といっても、テレビが売れてないというのは
ちょっと違うと思うんですよね。

世界的にはまだまだテレビは売れます。
大事なのは商品の魅力でしょうね。

いずれによせ、
シャープ、パナソニック、ソニーの株価は
今後下がる可能性が高いです。

ソニーは今、
時価総額でギリギリ上位50社に入っていますが
いずれ50位から陥落するでしょう。
日本を代表する企業だったのに、
どうしてこうなってしまったんでしょう。

株価掲示板なんかを見ると
アホールド(塩漬け)組の
悲鳴が聞こえてきます。